たるみ治療のNO1は「ウルトラフォーマーⅢ」サーマークール、ウルセラを超えた最新機器!東京で一番の美容クリニック

顔のたるみがとまらない・・・

 

お友達のHちゃん、最近ちょっと暗い。
いつもちょっとうつむき加減で浮かない顔してる。
「どうしたの?」
「うん、肌の調子が悪くてね。たるみが酷いのよ。色々エステとかも試して見てるんだけれど効果がなくて・・・」
そう言われれば、なんだかいつも疲れた顔してる。
疲れているというよりも、疲れて見えてしまう顔。

 

心当たりはありませんか?
疲れてもいない、痩せてもいないのに・・・
「最近疲れている?痩せたんじゃない?」
って言われること。

 

その言葉嫌ですよね。
言い換えると・・・なんだか老けたんじゃない
という意味を含んでいる気がしてならないのは、私だけでしょうか?
考えすぎですかね。

 

Hちゃんが気にしているたるみ。
リフトアップの方法は色々あるけれど、目に見えて変化がわかる治療はまだ数えるほど。
サーマクール、タイタン、ウルセラ。
どれも金額が高い割にはその効果は劇的ではない。

 

だから治療に踏み切れないでいたみたい。
でもね、新しく出たウルトラフォーマーⅢは今までとメカニズムが違うし、コスパも良いらしいよ。
先日、東京トータル美容クリニックの久保田先生から詳しく聞いてきたから伝授するね。

 

たるみ治療のNO1は「ウルトラフォーマーⅢ」東京トータル美容クリニック

 

 

たるみに効く機械はウルセラが最新でした。
たるみは皮膚だけで起こるのではなく、皮膚の下の皮下組織や筋膜付近(SMAS/スマスと呼ばれます)の緩みも加わり悪化します。
ウルセラは超音波エネルギーを1カ所に集中させて熱を発生させるHIFUというメカニズムを利用して、SMAS周辺を引き締めるマシンです。
しかし、ウルセラは痛い、高い、効果が弱い、と欠点が多かったのが現実でした。
この3つの問題点を改良したのがウルトラフォーマーⅢ。

 

一体、どのように進化したのでしょうか?

 

 

効果について

 

ウルトラは消耗品にコストがかかるため、なるべく最低限のショットしか打たない(打てない)のが現実でした。
しかし、ウルトラフォーマーⅢは、コストの問題が解決され、ショット数は格段に増やす事が可能となりました。

 

また、サーマクールは表面が高温になるため火傷のリスクも高く、何度もやっているとサーマクールスキンと呼ばれる火傷跡のような薄い皮膚になってしまうことが問題でした。

 

しかし、このHIFUは皮膚表面ではなくSMASに焦点を合わせるため、この様なリスクはなくなりました。

 

高密度焦点式超音波治療法(HIFU)は高エネルギーの超音波を発生させ、それを体内の1点に集めます。その1点だけが高温(65〜75℃)になり他の組織にダメージを与えることなく治療が可能になります。

 

こちらをご覧ください。

 

 

痛みについて

 

ウルセラは耐えがたい痛みらしいです。
サーマクールは耐えられるけれどとても嫌な痛みです。

 

ウルセラは痛みが強すぎて、やむを得なく出力を下げるしかなく、
痛みがすくない⇒ダメージが少ない⇒効果が少ない
という図式が出来上がっていたようです。

 

しかし、ウルトラフォーマーⅢは超音波の焦点がより小さく絞られることで同等の出力で照射した際の痛みは軽減しました。

 

東京トータル美容クリニックでは痛みを取り除く麻酔も行っているためこちらは全く問題になりませんね。

 

 

費用について

 

こちらも気になるところです。
ウルセラもウルトラフォーマーⅢも医師が照射しなくてはならない機械。
消耗品と医師の人件費を合わせて20〜30万が相場です。

 

しかし、ウルトラフォーマーⅢは消耗品のコストが抑えられるため同じ価格でもショット数が大きく違います。

 

ネットで掲載していた医院の1例を見てみると・・・

 

ウルトラフォーマーⅢ価格
全顔・・・26万
全顔+顎下・・・28万
全顔+顎下+首・・・36万
目元・・・7万(ウルトラフォーマーⅢは目元にも照射出来るのが最大のポイント!)

 

良いお値段です。
症例数が増えてくれば相場も下がって来るとは思いますが、まだ日本で数台しか導入されていない機械だから当然と言えば当然かもしれません。

 

Hちゃん、色々なエステに行くのをやめて、少しお金が貯まったらウルトラフォーマーⅢを受けてみるという選択肢もありかもよ。
私もいよいよ深刻になったら、受けてみようと思う。
毎月エステに行ったと思って1万円ずつ貯金だね。
50歳が目標かな。

 

でも、東京トータルクリニックの久保田先生は本当に必要最低限の治療しか勧めないから安心。自然に歳をとることも必要だって。そうだよね。シワやたるみがない60歳なんて恐ろしいし。

 

ほんの少し自分に自信を取り戻させてくれる美容医療が久保田先生流。
女性にとって大切な事ですよね。
先生、また近いうちにご挨拶に伺いますね。お友達のKちゃんがフォトフェイシャル最新版についてご相談したいそうです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

⇒東京トータル美容クリニックはこちらです。

The following two tabs change content below.
布施 公予
株式会社ナースキュア代表 1970年、東京都生まれ。順天堂医院・消化器外科病棟看護師出身。看護師、内視鏡技師、介護支援専門員として、計15年間で、延べ1万3千人の患者をケアする。 ・2015年 株式会社ナースキュア設立 NRサプリメントアドバイザー取得。 ・2016年 腸内環境サプリ「ナースキュアビフィズス菌BB+オリゴ糖」発売。 ・2017年 美容家インフルエンサーとして活動開始。インフルエンサーマーケティングを企業に指導。 [現在の活動・実績] 2015年11月より腸内環境を改善する「マイクロバイオーム」の研究を開始する。2017年1月より腸内環境改善サプリメント「ナースキュアビフィズス菌BB+オリゴ糖」を販売開始。年齢と共に低下する腸内環境を改善し、「健康」と「若さ」を手に入れるために、自身のブログ「胃腸良子のアンチエイジング・サプリメント外来」にて、美容、健康情報を発信中。また、美容インフルエンサーとして、WEBマガジン(スキンケア大学)、コラム(DRESS)、ブログ等にて、ライターとして記事を執筆・監修も行う。 [ブロガーとしてのコンセプト] =「健康」に関する不安や悩みを解決する=さまざまな情報があふれる現代、エビデンスや医療知識に基づいた正しい健康情報こそ、本当に価値あるものになります。現場での医療経験、自身で積み重ねた研究を元に、医療のプロとして、エイジングや健康への不安を解決する情報を発信していきます。 [趣味・特技] 腸内環境を改善するレシピ作りが趣味。プライベートでは、20歳、18歳、11歳の男子を育てるスパルタ教育ママとして、個性を尊重した教育を実践中。また、スキューバダイビング歴20年。世界10カ国以上を訪れた経験あり。特技は、食べても太らない体質作り、老けない美容術を身につけること。

関連記事一覧